各部名称

室内ドア各部名称

調整方法

Q-01
  吊り戸本体と中方立が当たる。吊り戸本体同士が当たる。
A-01
  1.吊り車の左右調整を行ってください。
  2.中方立の調整を行ってください。
  
<調整方法はこちらから>
Q-02
  吊り戸がぴたりと閉まらない。
A-02
  戸先と枠の間にすき間ができているので、吊り車の上下調整を行ってください。
  
<調整方法はこちらから>
Q-03
  鎌錠のかかりが悪くなった。
A-03
  1.鎌錠とストライクの位置が合っていない可能性がありますので、ストライクの調整を行ってください。
  2.吊り戸本体が傾いている可能性がありますので、吊り車の調整を行ってください。
  
<調整方法はこちらから>
Q-04
  ファインモーションが作動しない。ブレーキ力が弱い。
A-04
  吊り戸本体と鴨居のクリアランスが大きい可能性がありますので、吊り戸本体の吊り車を調整してください。
  <調整方法はこちらから>
Q-05
  表示錠・間仕切錠の鍵を外から解錠したい。
A-05
  室外側から次の操作で解錠することができます。<調整方法はこちらから>

調整方法についてのお願い

■簡単な調整方法を掲載しておりますが、無理に直そうとしますと、落下・破損・ケガの恐れがあり危険です。
   施工業者様までご連絡またはご相談ください。
■調整には手回しドライバーを使用してください。
  電動式ドライバーで強く締めすぎると部品が破損する恐れがあります。
お願い
ページトップへ戻る

お問い合わせ