2015.02.16  

化粧パーティクルボードでは国内初 FSC® CoC認証を取得

 永大産業株式会社(本社:大阪市、社長:大道正人)はこのほど、化粧パーティクルボードとしては国内初となるFSC-CoC認証を取得いたしました。環境保全への機運が高まるなか、持続可能な木材資源を活用した製品づくりを進めることで、国産材の利用促進、地産地消の取り組みにつなげていくのが狙いです。

 FSC-CoC認証とは、世界的な森林認証機関である「森林管理協議会(FSC=Forest Stewardship Council)」による認証材が、製品の中に一定以上使用され、なおかつ製造から流通までの全過程が適正に管理されていることを証明するものです。
 原材料である木材チップの集荷から化粧パーティクルボードまで、一貫生産できる体制を整えている当社が認証を取得したことにより、FSC認証材の活用に貢献できると考えています。
 今後は環境意識の高いユーザーに対し働きかけを強め、FSC-CoC認証のパーティクルボード製品の拡販に努めていく考えです。

【FSC-CoC認証取得の背景】

 当社は合板等の端材、残材を有効活用することを目的に、1969年からパーティクルボード事業に携わり、現在、敦賀(福井県敦賀市)、山口・平生(山口県熊毛郡)、子会社である永大小名浜(福島県いわき市)の3工場で、パーティクルボードを生産しております。
 当社は環境に配慮した製品開発にも積極的に取り組み、繰り返しリサイクルできる化粧パーティクルボード、ホルムアルデヒドの放散を極限にまで抑制した超低ホルパーティクルボード「リラックス」の開発など、この分野で常に業界をリードしてまいりました。
 今回のFSC-CoC認証取得についても、森林保全を目的とした自治体の国産材利用が活発化するなか、原材料調達からの一貫生産が可能な当社にとって不可欠と判断したものです。

【具体的な取り組み】

 認証製品にはFSCミックス品(※)の表示を行います。
 次の製品が対応しています。

・素材パーティクルボードの全製品(但しPタイプ=フェノールを除く)
・化粧パーティクルボードの全製品(但しNQシリーズ=防湿シート仕様を除く)

 ※FSCミックス品とはFSC認証材、管理木材(違法伐採でない木材)、
  リサイクル材(建築解体材等)からなる製品。

 

【今後の展開】

 現時点ではFSC認証材は岡山県産の国産材を使用しており、今後国産材の利用促進、地産地消の取り組みのために、供給源を他のエリアにも拡げてまいります。

新着情報