アスベスト対策は万全ですか?EIDAI独自の責任施工でアスベスト対策をご提案します。 永大産業サイトへ

アスベスト対策は万全ですか?

身近に存在するアスベスト

アスベストが使用(含有)された資材の老朽化・経年劣化、あるいは建物の解体等によって、アスベスト繊維が飛散し、それを吸引することで健康に被害を及ぼします。アスベストは意外と身近な場所で使われています。

アスベスト対策が必要です!

アスベストは、耐熱性、絶縁性、保温性に優れ、断熱材、絶縁材、ブレーキライニング材などに古くから用いられ、「魔法の鉱物」と重宝されてきました。しかし、高濃度・長期間の暴露による塵肺、肺線維症、肺癌、悪性中皮腫(ちゅうひしゅ)などの人体への健康被害リスクが明らかになり、アスベスト含有製品の生産や建設作業(アスベストの吹きつけ)に携わっていた従事者の健康被害が社会問題となっています。
また、アスベスト製品がほぼ全廃された現在においても、吹きつけアスベスト、アスベストを含む断熱材などが用いられた建設物から、解体時にアスベストが飛散することも問題視されており、阪神淡路大震災や東日本大震災で発生した震災ガレキの人体への影響も社会問題化されています。

解説図
ページ・トップへ

アスベストの調査をしませんか?

アスベスト調査の流れ

アスベスト診断士とは

  • どこにアスベストが使用されているかの診断
  • 使用されているアスベストの処理要否判断
  • アスベスト含有製品等の処理工事に関する適正工事のチェック診断。

を行うことを主な役割とします。なお資格取得の際に習得した知識により、アスベスト含有製品等の処理工事に従事する作業者に対する教育を行うことも可能です。

作業環境測定士、作業環境測定機関について

大気汚染防止法に基づく大気中の石綿(アスベスト)の濃度の測定については、計量法の環境計量証明事業の対象外で特に許可・資格の必要はないですが、測定法についての相応の知識と一定の設備が必要です。また、労働安全衛生法に基づき作業環境中の石綿の濃度の測定をする場合には、作業環境測定士または作業環境測定機関であることが必要です。

調査のご依頼は… 調査依頼書をダウンロード 調査依頼フォームへ お問い合わせは永大産業株式会社環境事業室まで