コーポレートガバナンスコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、株主の皆さまやお客さまを始めとするすべてのステークホルダーから信頼され、社会から必要とされる魅力のある企業であり続けるために、公正性・透明性の高い意思決定と迅速で適切な経営判断により、継続的に企業価値の向上を図ってまいります。

 そのためには、コーポレートガバナンスの強化・充実を経営上の重要課題として捉え、以下の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンス体制の構築に努めてまいります。

 

  • 株主の権利・平等性の確保
    当社は、株主の権利が実質的に確保されるよう適切な対応を行うとともに、株主が権利を適切に行使することができる環境の整備を行ってまいります。
  • ステークホルダーとの適切な協働 
    当社は、株主のみならず、従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会等のステークホルダーとの良好な関係を構築するという認識のもと、適切な協働に努めてまいります。
  • 適切な情報開示と透明性の確保
    当社は、財務情報や非財務情報について、法令に基づく開示はもとより、それ以外の情報提供にも積極的に取り組んでまいります。
  • 取締役会の責務
    取締役会は、株主に対する受託者責任および説明責任を踏まえ、中長期的な企業価値の向上を図るため、重要な業務執行の決定や経営全般に対する監督を果たすとともに、リスクテイクを適切に支える内部統制およびリスク管理等の強化に努めてまいります。
  • 株主との対話
    当社では、株主等に対し適時・適切に情報提供するとともに株主等との建設的な対話に努めてまいります。

 

 

コーポレートガバナンス報告書PDF(176KB)

コーポレートガバナンス体制図

コーポレートガバナンスに関する模式図

ページトップへ戻る